読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィッシュテイストが安いです ロイヤルパウチタイプの最新レビューならココッ 2017年度 ウェットコントロールの「口コミ」は大好評♪

格安
本品の購入動機は、昨年11月、ストルバイト結晶、突発性膀胱炎、尿PHが9の茶トラ白♂のニャンコ(当時1歳2ヶ月、現在2歳)の療法食治療のため、医師からの推奨もあり、本品を試し買いしました。。・慢性腎疾患、代謝性アシドーシス(血液中の酸性濃度が高くなりすぎた状態)尿を酸性化するよう栄養学的に設計されているため、代謝性アシドーシスを助長する恐れあり。

3月31日 オススメ商品♪

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

ロイヤル コントロール フィッシュテイスト パウチタイプ ウェットロイヤルカナン 猫用 療法食 pHコントロール フィッシュテイスト パウチタイプ 100g×24個 【ウェットフード】

詳しくはこちら b y 楽 天

ドライタイプは食べないですが!このタイプのみ食いつき良いですいつも美味しそうに食べてます。思ったより粒は大きく封を切った瞬間から独特のにおいがします。体重3キロちょっとの10歳のアメショーが食べてます。以前はカリカリの療法食を与えていたのですが!あまり食いつきが良くなく!こちらをあげたところ良く食べてくれました。療養食指定なので、パウチタイプはおやつ感覚であげています。これからもつづけるつもりです。療養食の中でも、一番喜んで食べてます。普段はこちらのドライタイプを食べてますが!最近よく噛まずに食べて吐くようになったのでウエットタイプはどうだろうと思い購入しました。これを食べさせてからまだ2日ですが今のところ吐いてません。食つきはチキンより多少悪いですが!そこそこは食べてくれます。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整。今は完治していますが!『完治しても!一度発症したら再発しやすいので!予防のため療法食を与え続けてください』との指示があり!また下記に記した製品特長も満足のいくものなので!FLUTD(猫下部尿路疾患)の予防のために!今後も与え続けていこうと思っています。再発防止のため本品を購入し!与え続けています。・水分摂取を多くする(水分量の多いウェットフードが理想的)。病院で勧められて買いました。・心疾患尿量を確保するために必要なナトリウム量が心疾患のリスクとなる恐れあり。また利用したいです。【適応】・下部尿路疾患!・尿路結石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)※高齢期の猫では!pHコントロールを給与する前に心機能および腎機能をチェックすることが推奨される。・ストレスを溜めさせない。・RSS(相対的過飽和度)尿中のストルバイトやシュウ酸カルシウムの飽和度が高くない健康的な尿量を維持するように!ミネラルなどの栄養バランスを調整。−−−−−原産国:オーストリア代謝エネルギー:76kcal/100g−−−−−■ネットで調べた本品の特長ほかをご紹介【特長】下部尿路疾患(特にストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム管石症)の猫に給与する目的で特別に調製された食事療法食。・突発性膀胱炎【使用が推奨されない病態等】・妊娠/授乳朗、成長期マグネシウムが不足するためお勧めできない。飽き防止のため!他の療法食とのローテで!大体4日に1回くらい与えています。尿石症の診断を受け、療法食を探していました。近所ではなかなか売っていないので!こちらを見つけて即購入。近所のペットショップでは、この価格では買えないので、とても助かっています(*´∀`)また、購入したいです(´▽`)療養食の中でもこのパウチタイプのスープの食いつきが凄く良くて、ついあげたくなります。病院まで買いに行く手間なく!キャンペーンでお安く買えたので買いました。・マグネシウム制限ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)の構成成分であるマグネシウム含有量を制限。−−−−−■ストルバイト尿石、膀胱炎の再発を防ぐ重要なこと・肥満にさせない(肥満なら痩せる)。前回は、バラ売りのものを試しに購入したのですが、食べることも分かって今回はまとめ買いです。同じパウチタイプのウエット、他のウエット療法食2品、ドライ療法品1品の4品でローテしていて、今のところ再発はしていません。いままで同じもののドライタイプのご飯をあげていました。・ストルバイトストルバイトが形成されにくい弱酸性の尿となるように、ミネラルなどの栄養バランスを調整。限られた品数では飽きもあるだろうから、美味しそうな一般食も与えてみたいなとは思いますが、ここは我慢のしどころか。まとめ売りなので定期的に購入したいです。・尿量健康的な尿量維持のために!ミネラルなどの栄養バランスを調整。リピート中です。このパウチタイプを見るととても喜ぶ程、スープをよく飲みます。なお本品は、シュウ酸カルシウム結石症の予防にもなるので、理想的な療法食ですね。1歳2ヶ月でストルバイト尿石、膀胱炎になったニャンコ(茶トラ白♂、現在2歳半)。phシリーズの中でとても喜んで食べてます。同じパウチタイプのチキンに比べ、粒少し大き目、水分少し多め、カロリー少し少な目です。療養食の中でもこれは食いつきぐ違います。このスープ?が気に入っているようです。12歳と高齢になり!噛み砕けないのかおなかを下すのでこれに変えてから・・・たべる食べる!大好きみたいで!お腹いっぱいたべます。私は苦手なにおいですがネコにはおいしそうなにおいらしく!よく食べます。